桃太郎についての俗説

ちょっとやり合った

こんな tweet が TL に流れてきた。

後で分かったけど、この tweet は、

反対ならどうして羊がいないんだよ

と返して終わりの予定だったらしい。もっとも私はこれは単なる俗説の類だと思っているので突っ込んでやりあった。

『桃太郎』は当然のように桃の呪力で邪気である鬼を払うという部分が話のコアだと考えている。それで桃の家来になっているというのが西方金局を構成する猴(申)、雉(酉)、狗(戌)となっていることがずっと疑問だった。ところが mixi で玄珠さんからもらったコメントによると桃は五果では金行だしキビ団子の黍も五穀で金行ということが分かった。

五行
五果
五穀
胡麻
大豆

ということで、金行の大将に西方金局を成す猴(申)、雉(酉)、狗(戌)の家来がいるというのはスジの通った話だと思う。長年の疑問が解けた。

この五果や五穀は黄帝内経で論じられているそうなので、桃には肺、大腸、皮膚を強化する作用がありそうだ。

追記

その後、桃は肺経その他に帰経するので金行で大丈夫というコメントなど頂戴した。下もその1つ。

答え合わせ

全く無事だった

この前の『品位と強弱』のエントリで、

CT撮りに行って、占ったらビビる卦が出た。

という話をした。今日の受診で結果を聞いてきた。胸部のCT画像では全く問題なかった。前のエントリでは、

ここで五行の旺相休囚死が品位なのか強弱なのかが問題になってくる。水行が司令なので四課三伝の土行は旺相休囚死の囚で、囚が品位なら悪く、強弱であるなら弱いということになる。日干五行は水なので、旺相休囚死が強弱であるなら日鬼とはいえ充分に耐えられると思う。つまり旺相休囚死が強弱であるなら杞憂で済む可能性が高いが、品位なら危ないということになる。

ということで旺相休囚死は品位ではなく強弱として見るべきだということが自分の中では確定した。
ということで、官鬼の害は休囚死で弱くなるとして良いことになる。

天文奏

長周期彗星接近中

CNNから『緑色の彗星、5万年ぶり地球に接近』というニュースが出た。この彗星はZTF彗星とよばれていて、今後明るさが増せば今月下旬にかけては肉眼でも見えるかもしれないそうだ。それで陰陽道研究家の木下先生が、こんな tweet してた。

それでZTF彗星が何かの兆しかどうかを占ってみた。
基本、肉眼で見えるようになったら、という占いであることは御含み頂きたい。

六壬で占ったところ返吟課無依となった。
返吟課はクルクル変わる状況下で呻吟する象だ。三伝に空亡が絡んでないので結果がでないということはないし短期間で決着を見ることになるだろう。
実際、彗星が肉眼で見えたとしても1~2週間といった所だろう。

発用と末伝が同じ亥宮五室で太乙が夾剋を受けている。五室がしめす飲食・レジャー産業は打撃を受けるであろう。

ただ中伝でしめされる、彗星が地球に最接近する頃は世情に落ち着きがあるだろう。巳宮11室は福徳宮であり、徴明が臨んで和合の六合が乗じている。

干上神河魁は禍害宮である辰宮に臨んでおり朱雀が乗じている。彗星が観測される期間、一触即発の裁判沙汰の種が撒き散らされるのではないだろうか。

と言ったところだ。答申としてはこうなる*1

問、長周期彗星者何之兆也?
占日乙亥時加未太乙臨亥為用、将玄武。中、徴明六合。終、太乙玄武。卦遇返吟無依。
推之、発用受夾剋、亥宮子女宮而司飲食歓楽、此業界不振也。中六合者和合之将也。巳宮者福徳宮。彗星最接近二月初、世相安定乎。終、同発用。
干上河魁一触即発、乗朱雀司口舌訴訟、社会抱多数火種。
日本国令和五年正月十七日 工学博士 松岡秀達

*1:和臭がキツイのは御寛恕下さい。

メトン周期による概算

徳川家康の生年干支*1

徳川家康の生年干支について問題があるそうだ。

  • 家康は天文十一年十二月二十六日生まれである。
    • 天文十一年は壬寅である。
  • 征夷大将軍に任命された家康は、陰陽頭土御門家に慶長八年二月十二日に天曹地府祭を行わせたが、都状には「六十一歳癸卯年」との署名がある。

これについては既に、大石眞行さんが『どっちだ家康』のエントリで考察していて、家康の誕生日は既に立春を越えていたので、都状には「六十一歳癸卯年」と書いたのだろうと結論している。

このブログエントリではメトン周期を使って、家康の誕生日が立春を越えていたかどうかを詰めてみることにする。

メトン周期は19太陽年は235朔望月にほぼ等しいことから得られる周期で、通常は19太陽年ということになる。つまりメトン周期である19年毎に太陽暦太陰太陽暦の日付の対応関係の一致した暦が得られることになる。
例えば朔旦冬至であった2014年は12月22日に十一月一日だった。その19年後の2033年も12月22日に十一月一日となる。余談だがメトン周期は二十四節気との対応までは保証してくれなくて、2033年冬至は十一月一日よりも早いため朔旦冬至にはならない。これが天保暦2033年問題の原因の1つとなっている。

話を元にもどすとメトン周期毎に「ほぼ等しい」対応関係の太陽暦太陰太陽暦が得られるわけで完全に等しいわけではなく219太陽年で、ほぼ1日のズレが生じる。

さて家康が生まれた天文十一年十二月二十六日を西暦に直すとユリウス暦1543年01月31日となる*2
1543年から25メトン周期経過すると、
1543 + 25 \times 19 = 2018
つまり2018年の太陽暦と1543年の太陰太陽暦の日付の関係はほぼ同じとなる。1543年にはまだ現行のグレゴリオ暦は実施されておらずユリウス暦であったけれども、家康が生まれた日である天文十一年十二月二十六日がメトン周期を使うことで1543年にグレゴリオ暦があったと仮定した場合の家康の誕生日がグレゴリオ暦で何月何日だったかが判明する。
グレゴリオ暦2018年2月で太陰太陽暦の十二月二十六日となる日を探すと2月11日になる。ただし1543年から219年を2回経過しており2日くらいのズレが発生している。これを考慮して前後2日とっても9~13日となる。どう考えても家康は立春を過ぎて生まれている。

普段は天文十一年生まれなので壬寅としながらも、正確な生年干支が必要な時は癸卯としたのだろうという大石さんの推論は正しいと思う。

少し推論を逞しくするなら家康はずっと壬寅生まれと思っていたのに、天曹地府祭の打ち合わせで陰陽頭の土御門久脩辺りから「立春過ぎてるので本当は癸卯生まれですよ」と聞かされて驚いたのではないだろうか。何より三寅の方が恰好好いだろうし。なんか今だと1月生まれの人が四柱推命とか習って生年干支がまだ昨年のものと知って驚くようなものだろう。

*1:1月17日に加筆修正を行った。

*2:変換には『和暦から西暦変換(年月日)』のサイトを利用した。

色と恋と結婚

名古屋で受講した

ヘイズ中村さんの『【Fortuna Moon】ヘイズ中村が超レア公開!古代からの魔術を混ぜた恋愛・結婚運の爆上げ秘法』の名古屋での講習会を15日に受講してきた。相続の関係もあって、まだ時々は実家に戻らないといけないのもあって名古屋で寄り道してきたというわけだ。

内容について立ち入った話はあまりできないので、モゴモゴした感じになるけれども、

  • 色と恋と結婚は、基本的には3者とも相互に独立した事象である。
  • それぞれ占星術でも対応する惑星は異なっている。
  • それぞれ魔術的なものも含めて、アプローチの方法は全て異なっている。

ということが冒頭で解説される。ここをしっかり理解すれば様々なアレンジも可能だと思う。
例えば、色事の星が双児宮にあるなら文科系の部活とか同人活動とかがトリガになりやすいということが言える。更に双児宮のルーラーである水星が2ハウスにあるとかなら、自分が身銭切ってサークルを主宰することでさらに上手く行くんじゃないか、とかだ。

まあ人間、幾つになってもモテたいよね。エ?私だけ?

誤占の弁

当たりの位置

知人がこんな tweet してた。

1月6日はこの知人が檄推しの村雨礼二*1の誕生日ということで御祝いだそうだ。
御菓子のルックスが以前 Quora で「当たりが入ってる位置を当ててみやがって下さい」という挑戦状にあったガレットによく似ていたので、
「コイン入ってるやつ?」
と聞いてみたらそうだったので、Quora での挑戦を受けて立ったら外した話をしたところ、
「もっかいやる?」
ということだったので受けて立った。今回は下の6分割のどれかを当てないといけない。

この tweet を見たのが微妙な時刻だったので六壬は使わないことにして、6分割なので易の六爻のどれかで決めることにした。断易の妻財爻が当たりをしめす爻ではないかと当たりを付けた。

そこで三文銭で六爻を出した。変爻が1爻のみというのは出現確率が\frac{1458}{4096}=0.355...で一番多い。
知人は村雨礼二檄推しの同人誌作ってたりするので、得た同人の卦は相応しいと考えている。

妻財爻が五爻にあったので「5番」と回答したのだけれども正解は1番だった。

当たりをコインと思っていたので妻財爻を使って五爻としたのだけれども、実際は当たりに入っていたのはコインではなくて小さな王冠だった。王冠を身に付けるものとすれば父母爻が正解となる。
初爻は父母爻だったので、初爻で1番と答えていれば正解だった。

もう1つのアプローチとしては得卦の変爻が上爻の1つだけだったということで、上爻に着目して6か1と答えるという手もあったと思う。

どっちにしても卦は正かった。読むのが正しくなかったのが残念だ。

*1:マンガ『ジャンケットバンク』の登場人物

喪中欠礼

新年ではありますが、亡母の喪中につき謹んで新年の御挨拶を遠慮させて頂きます。

仕事始め

1月7日(土曜)に占いカフェ&バー燦伍(さんご)で15:00~20:00まで待機*1しています。
初占いとかどうでしょう。見料は10分1500円です。

*1:何故か未だに出演という言葉に馴染めない。