星新一著『きまぐれ体験紀行』

星新一が体験した四柱推命と鉄板神数

1985年に角川文庫から星新一の『きまぐれ体験紀行』の初版が出版されている。星新一が体験した海外旅行の紀行文を集めたもので、その中に『香港・台湾占い旅行』という一節がある。これは「文芸春秋デラックス」誌が企画した、香港と台湾で四柱推命を中心に占いを体験してみるツアーに星新一が乗っかって、その体験談を書いたものだ。

その中に香港で『鉄板神数』で占ってもらう話が出てくる。占ったのは阮雲山先生で「 鉄板神数掌紋哲学名家」を名乗っていたそうだ。星新一も鉄板神数の前に手相を見てもらっている。鉄板神数の鉄板というのは『ソロバン』のことで、阮雲山先生も星新一の生年月日時を基に、いくつか質問しながら、それへのYes/Noでソロバンを弾いて計算を進めている。星新一は飛行機の時間もあってショートカットのための質問に答えている。鉄板神数では1刻2時間を更に8分割して、そこから一編の詩を導き出して一生を占う。星新一の詩には、こんな一節があったそうだ。

敏にして学を好み 有質有文
意中に羽翼を生じ筆下に風雲を起す

SF作家の嚆矢として一時代を築いた星新一らしい文言だ。これ以外にも子供の数、性別といったことが善く当たっていたそうで、星は以下のように感想を書いている。

「まったく、あんなふしぎな気分を味わわされたのは、生まれてはじめてだ」

もっとも星新一にとって一番感銘を受けたのは台湾での、陳怡魁先生の四柱推命だったようだ。陳怡魁先生は、私にとっては老大哥 というべき鮑黎明先生の師匠筋にあたる人だ。星新一が旅行した1977年当時、陳怡魁先生は35歳くらいの青年に見えると書かれている。大石真行さんのように暦が頭に入っていたようで『きまぐれ体験紀行』にも、陳怡魁先生が生年月日時を聞いただけで万年暦も見ずに命式を算出するシーンが出てくる。そしてこんな感想だ。

まさにその通りなのだ。あまりのすばらしさに、霊感でわかったのかと聞くと、そうではない、四柱による占いだと言う。李教授でさえ使っていた例の小さな換算表らしき本を使わないところをみると、すべてが頭のなかに入っているためかもしれない。まったく、なんという頭脳の持ち主なのだろう。

まさに手放しの褒めようだ。他にも腕試しに様々な人物の生年月日時が陳怡魁先生にぶつけられているのだが、全て星新一を納得させるだけの答えが出たようだ。小松左京のデータもあって、それについてはこんな感想になっている。

ついでに、小松実の占いもたのんだ。ペンネームが左京なのであることなど、知らないはずである。かりに『日本沈没』の映画を見ていても、その作者の略歴まで知っていまい。そして、それもたちまち答を出し、私の知る限りのそれと、ほぼ一致していた。

私にとっては道は遠いが、目指すべき目標をクリアに見せてくれた紀行文だった。

孫悟空にはヘソが無い

西遊記と皇極経世書

西遊記玄奘三蔵が仏教の経典を求めてインドまで行ったという史実をベースに作られた『大唐三蔵取経詩話』をコアに、様々な説話が取り入れられて成立したことが判っている。たとえ呉承恩が本当に最終的な編纂者であったとしても*1呉承恩がゼロベースで『西遊記』を作り上げたわけではない。そんな無名の作者達の中に、邵康節の『皇極経世書』の読者がいたことは間違いない。第一回で孫悟空*2の出生が語られるのだけど、その中にこういう一文がある*3

蓋聞天地之数、有十二万九千六百歳為一元。将一元分為十二会、乃子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥之十二支也。毎会該一万八百歳。

これは皇極経世書の元・会と一致している。そしてその無名の作者は、

邵康節曰「冬至子之半、天心無改移。一陽初動處、万物未生時。」

と、邵康節の名前を出している。この作者は確実に皇極経世書を読んだことがある。そして、

再五千四百歳、正当寅会、生人、生獣、生禽、正謂天地人、三才定位。故曰、人生於寅。

として、会が寅会から始まることをしめしている。

孫悟空は、東勝神洲傲来国の海にある花果山の山頂にあった仙石が長い時間、天地の精気を受けて生命を孕んで石卵を産み、その石卵から孫悟空が生まれている。孫悟空は卵生だったので姿形は猿であってもヘソは無かったはずだ。で、元になった仙石は、以下のように描かれている。

其石有三丈六尺五寸高、有二丈四尺囲円。
三丈六尺五寸高、按周天三百六十五度、二丈四尺囲円、按政曆二十四気。
上有九竅八孔、按九宮八卦

つまり、その仙石は高さが3.65丈の高さで、周囲が2.4丈あったとして、これらは天の寸法に適っているというわけだ。中国天文学では周天の広がりを365.24°としている。つまり1日1°で1年の日数を周天の広がりとしているわけで、インド天文学のティティを導入しての360°とは根本的に思想が異なっているといえる。現実主義の中国天文学と理想主義のインド天文学とでも言えるだろうか。

で、仙石の周囲は2.4丈で、これは二十四節季の対応している。これから石の縦横比を計算してみると、横 : 縦=1 : 4.8くらいになる。ずいぶんと縦長な感じだ。

そういえば

今朝の『うらない君とうれない君』で、大石さんが「10年以上前のことを掘り出してさらすと善いよ」みたいなことを言っていたので、やってみることにする。


今月ツイてない人必見!2019年2月後半運勢巻き返し法!【うらない君とうれない君】

2008年8月8日に『知ることは楽しい』と題して、こんなことを書いてた。

邵雍-Wikipediaによると、邵康節は自分自身は儒者でありながらも、陳希夷*4の弟子筋でもあったらしい。Wikipediaに、

この間、宋初の隠者・陳摶*5の系統をひく李挺之から『易経』の河図洛書と先天象数の学を伝授された。

とある。梅花心易は、こういった背景があって生み出されたものなのだろう。しかし「康節」が諡とは知らなかった。

*1:現代ではそれすら否定的な意見が主流なようだ。『西遊記の成立史-Wikipedia

*2:ドラゴンボール孫悟空ではない。

*3:以下は『中國哲學書電子化計劃』の『西遊記』から拝借して、日本で通用している漢字に改めた。

*4:自称ではなく御本人

*5:陳希夷の諱

デバッグした

紫微斗数作盤プログラムのバグ

ヘイズ中村さんから、以下のtweetがあったという知らせを受けたのが2月8日だった。

で、@shiyona7さんに提供してもらったBDや自分のBDで「『みーしゃと椎羅の「カンタン」紫微斗数』による命盤作成」のCGIをチェックしたところ、完全にバグってることが判った。ちょっと両親の様子を見るために実家に戻ることもあってデバッグに取り掛かったのが昨日になってしまった。

perlで書いたCGIのソースを見ると案の定、ヒドイそして簡単な間違いをしていた。なんでリリース前に判らなかったのかが判らない程にヒドイものだった。ということでデバッグした。『みーしゃと椎羅の「カンタン」紫微斗数』や【はじめての『カンタン』紫微斗数 love mix】の読者で、命盤の算出が面倒ないし、「カンタンじゃないやん」と思った方は使って下さい。QRコードにもリンクがはってあります。

椎羅さんの講義に間に合って善かった。

『紫微斗数★超★入門講座』

そういえば

以前、リムネットのOffice HOKUTOのミラーをthe-fortuneteller.comに作った時にリムネットのサーバーの負担を減らそうと思って、the-fortuneteller.com側の紫微斗数には作盤の機能を付けたことをすっかり忘れていた。あまり格好の善くない命盤ですが試しにどうぞ。

ここは怒るところだよね

知人がこんなこと書いてた

占いは所詮 虚構の理論の上の児戯に過ぎないと信じています。

そうですか。宜しい、あなたは神仏の声を聞く宗教家で、私は虚構の理論を捏ね繰り回し児戯に耽る所詮占い師だ。
である以上、今後、お互いの道が交差することは無いよね。

Good-bye !

怒濤の一週間

先週はイベント盛り沢山

先週、2月4日(月)~10日(日)は、イベント盛り沢山だった。

ということで、何も無い日のない週だった。

一昨年から平場で占うことで自分の術を鍛えて行こうということで、実占のチャネルを増やして行く方向で進んでいる。ただ実家の両親が90越えていることもあり、常勤は困難なこともあってそんなに密に出演することはできない。なので先週は珍しく多忙だった。実占の平場では駆け出し同然なので、六壬の課式の内容をクライアントに知らせるくらいで精一杯なのだけれども、それでも驚いて下さる御客様もいて、それなりに貴重な体験を積ませて頂いている。ありがとうございます。

まんだらけで開かれた『占いバイキング』でも六壬一本で行ったのだけど、御一方、紫微斗数の命盤を持参された方がいらしたので、命盤の読解をやってみた。こんな感想を頂いた。

まだまだ平場では駆け出しですが、宜しく御願いします。

名古屋との往復で次女がかけていた曲が気に入りました。以下はライブバージョンですが善い曲です。


Be The One - Pandora ft. Beverly - Kamen Rider X Super Sentai Live Show 2018

*1:紫微斗数で見ると官禄宮に天馬があります。御判りのように、自分から出向く方が性に合っているのです。

占いバイキング出演

占いバイキング

実占の平場では駆け出しですが、まんだらけ中野店で明日開かれる『占いバイキング』に出演します。一所懸命に占わさせて頂きます。
宜しく御願いします。

壇上で考えていたこと

占い師スナック

占い師スナック

2月6日(水)に開かれた占い師スナックに私も参加してきた。で、「完全包囲!?占術横断ウルトラ占いエクシビジョン」のコーナーで私も壇上に上がって占ってきた。六壬で占ってきた。通常は占い師にも守秘義務があるので、占いの内容を公開したりはできないのだけど、公開の場で占ってきたので、私の六壬の占いがどんなものか書いてみようと思う。

お題は引っ越しの可否だった。なんでも今、住んでいる所が変な臭いがするとかで、怪奇現象かも?引っ越した方がいいのだろか?といった相談だった。で、実はその時刻の課式は既に使ってしまっていたので、二客ということで玄珠さんから以前、頂戴した12面賽を振ってもらった。このとき、「引っ越しして吉か?」と問うてもらった。こちらの方が「引っ越ししないで吉か?」よりも課式を読み解きやすい。このサイコロには数字ではなくて月将の古名が刻まれている。振って出たのは小吉だった。課式は前もって作成してあった。こういう課式になる。

で、住居ということで田宅宮になる子宮は四課三伝には出てこない。そして乗じている将は太常だ、怪奇現象の類神である騰蛇ではない。そこで、怪奇現象では無い、と断言した。続いて、一課は財帛宮である寅宮であり干上神は木行の長生で父母で太陰が乗じている。そこで引っ越しの費用は足りていると判断した。

また支上神が墓神であり、地盤の戌は田宅宮の子から数えて3番目であり、今の住居からのコミュニケーションの広がりと判断した。それが墓神であるということは、人の輪の広がりを阻害する住居ということになる。ということで引っ越しした方が善いだろうと判断した。遙尅課で末伝は発用を制することができていないけれども、空亡している、末伝は徳禄でしかも旺じている、ということで課式も吉と判断した。一課も当然吉でもある。

そこで、資金は充分だろうし、このままでは交友も広がらないであろうから引っ越しした方がよいと答えた。実際、引っ越しの資金は問題なかったようだった。

また玄胎格なので三伝は動きが大きい、引っ越しすると環境は大きく変わるだろう。とりあえず、六壬の名前を落とさずに済んだようでホっとしている。

告知1:西友光が丘店魔女☆Maison

明日、2月8日に西友光が丘店の魔女☆Maisonの占いブースに出演します。宜しく御願いします。

告知2:『紫微斗数★超★入門講座』

術友の椎羅さんが、『【FortunaMoon・神秘の大学院】紫微斗数★超★入門講座(はじめての紫微斗数)』と題して、紫微斗数の講義をします。椎羅さんは最近は東京方面に来ることが無いので、関東在住で紫微斗数という名前は聞いたことがあるけれども、どんな占いなんだろう?な方は、参加してみて下さい。