あまりに当たり前の話

少見多怪

風呂に入っててふと思った。紫微斗数で来因宮が大限の時間帯って、大限宮からの飛星四化が生年四化と同じだ。当たり前だよね、宮干が生年干と同になる宮が来因宮なんだから*1
まあ来因宮が、

來因宮は、「前世未了之因縁」をみる宮です。

だなんてことは毛の先ほども思わないけど、来因宮に大限、小限が巡ってくると飛星四化と生年四化が重なるので吉凶はっきり出るのだろうなということに気が付いた。まあ『少見多怪』というやつで、見識が狭いと不思議に感じることが増えるわけさ。

*1:子、丑の宮は外すけど。

怨霊史観についての一考察

怨霊史観

怨霊史観というものがある。強い恨みを抱いて死んだ政治的敗者の怨霊への恐怖が日本の歴史の駆動力であった、というアレだ。怨霊史観では聖徳太子を怨霊であったとすることが多い。以前、『聖徳太子は祟ったか?』というエントリで、平安時代に書かれた『占事略决』の『占病祟法第廿七』を傍証としてあげて、聖徳太子は怨霊ではなかったんじゃないかという主張をしてみた。そのエントリについたブクマコメントから、日本書紀以降の国史にあげられている怨霊の記録をまとめた記事*1を知ることができた*2。今回はそれを使って、怨霊史観について再度検討してみたい。

まず、75件の記事で祟ったのが神*3なのか人なのかを分ける。この過程で2件の記事が除外された。山稜は人の墓所なので山稜が祟ったとしている場合は人が祟ったものとした。神と人それぞれの件数を50年分まとめてグラフにしたものをしめす。
f:id:hokuto-hei:20210611221102p:plain

800-849年で怨霊の記録件数がぐんと増えて、次の850年からは少し頭打ちになっている。グラフでは850-886となっているけれども、実際には900年までの記録を使用している。では祟りの主体である神と人の割合がどうかというと、下のようになる。
f:id:hokuto-hei:20210611221852p:plain

件数がぐんと増えた800-849年では、神の方が優勢ではあるものの人が半ばまで押していることが分かる。次の50年では件数の頭打ちに呼応するかのように神が盛り返している。

早良皇太子以前に人が祟ったという記録が無いことから、怨霊史観は成立しない・聖徳太子は怨霊ではなかった、という主張に対して、怨霊史観の支持者は、

人が祟るのは当たり前だったから、わざわざ記録する人間がいなかったのだ。

と反論してくることが多いように思う。しかしこの反論は上の2つのグラフから成立し難いと思う。理由を列挙してみる。

  • 人が祟るのは当たり前なら、時代区分と共に記録された件数が増加するとは考え難い。
  • 人が祟るのは当たり前なら、時代区分によって人と神の割合が変化するのは何故か?

ということになる。まあこれも「資料至上主義なのがそもそも間違いなのだ」と反論してくるんだろうけどね。

聖徳太子の髪は祟った

ということで、私は聖徳太子が怨霊だったとは今は考えてない*4。もっとも聖徳太子の遺髪は祟ったらしい。以下の記事があった。

続日本後紀』承和4年12月丁酉(8日)条(837)
勅令造、轆轤木壷一合、銅壷釦鏤者一合。備于奉納天王寺聖霊御髪。事由未詳。
但口伝曰。聖徳太子御髪四把。深蔵于四天王寺塔心底下。去年冬。霹靂彼寺塔心時。遣使監察。而其使私偸霊髪。与之己妻。由是後日成祟。因更捜索。還蔵本処云々。

(大意)
勅令でロクロで削った木とか銅の壷を作って『聖霊御髪』を納めて天王寺に奉納したけれども詳細は分からない。
どうも聖徳太子の御遺髪らしい。四天王寺の塔心の底に収蔵されていた。去年の冬に雷が塔に落ちたのだが、その時に派遣された監察が、その髪を持ち去って妻に与えた。するとその後、祟りがあった。そこで再度、髪を探して四天王寺に奉納することになった。

訓点は引用者が除外し、句読点も一部打ち直した。

*1:神道・神社史料集成『祟』

*2:Thanks id:machida77さん。

*3:人間とは異なる超自然的な存在を含む。

*4:『隠された十字架』にカブレた時期はあったけどね。

そういえば忘れていた

辛丑の大運

四柱推命で行運の影響で身の強弱が変わるとした時に、今の丁酉の大運で極身弱の従児格から身弱傷官格に変化している可能性があるというエントリを上げたことがある。この時、すっかり忘れていたけれども、今年の年干支と同じ干支の大運を過ごしたことがあったのだった。15~24歳がそれだ。

で、色々思い出した。大まかに高校の3年間と大学の4年間、そして修士の2年間が辛丑の大運に当たる。この間、入試に失敗したことは無かった。

時柱日柱月柱年柱大運歳運






大学入試のあった昭和50年は乙卯年で、従児格なら吉で身弱傷官格なら凶になると推測できる。ただ大運を入れて巳-酉-丑の金局が成局して辛が透っていることを考えると、以下の5つの可能性は捨てきれないと思う。

  1. 身の強弱は生涯不変である。
  2. 身弱傷官格に変化していたが大運の吉が歳運の凶を上回った。
  3. 甲寅、乙卯の強い食傷の歳運では従児格に戻っていた。
  4. 辛丑の大運が特殊で身強にまで変化していた。
  5. 大運の四方の影響はかなり強くて西方運では身弱傷官格に変化するが、北方運では従児格のままだった。

できたら5番目は無い方が嬉しい。来年からの丙申の大運も身弱傷官格のままだと丙が忌財なので、生涯自分で稼ぐ金とは無縁ということになってしまう。

江戸期の興味深い占術

陰陽道修験道を考える』を読む(その2)

現代思想から臨時増刊号として『総特集◎陰陽道・修験道を考える』を読み続けている*1。収録されている論文に、

マティアス・ハイエク「江戸時代の占書と陰陽道」pp. 136-150

がある。著者のマティアス・ハイエクさんは、江戸時代の占書は大きく『簠簋』と『八卦』に分類できるとしている。『簠簋』は『簠簋内伝*2』をベースとした占書で、暦による日取りや方位の吉凶が中心となっている。なので『簠簋』には個人差がない。一方、『八卦』は周易ではなくて*3、生年がメインの出生データを使用して個人差のある日取りや方位の吉凶を解説したものになっている。その中には、八宅の本命卦を使用した命占のようなものがあったらしい。該当箇所である138-139頁から引用する。

個人の年齢と性別から乾、兌、離、震、巽、坎、艮、坤の八卦とその変化を表し、一定の法則によって駆け巡る遊年、禍害、生家、絶対、天醫、遊魂、絶命、福徳、という「八文字」、
そして……,、
その個人がどれにあたるかを定め、そこからその人の一年の運勢、またはその人にとっての方位、日時の善悪を推定するための道具である。

中でも「当卦」というその年の卦と、他の卦の関係を一見で読み解くための九つの升目からなる八つの図版があり……

引用されている『八卦』の図版によると、九つの升目は後天八卦による九宮八卦で、中宮が離卦の場合、

中宮 西南 西 西北 東北 東南
当卦
遊年 遊魂 天医 絶命 絶対 禍害 生家 福徳

となっている。これは明らかに今の八宅とは異なっている。今の八宅ならこうなる*4

中宮 西南 西 西北 東北 東南
当卦
伏位 六煞 五鬼 絶命 延年 禍害 生気 天医

ということで、この『八卦』が八宅本命卦を使った命占とは考えにくいけれども八卦に絡んで『天医』という用語が出て来る以上、八宅と何か関りがあったと考えて良いだろう。そしてこの『当卦』に男女の別があったわけで、日本では本命卦に男女の別があるのを知らなかったわけではなく、知った上で男女の別の無い九星術を作りあげてきたということになる。

*1:Kindle版もある。

*2:三国相伝陰陽輨轄簠簋内伝金烏玉兎集

*3:断易でもない。

*4:ただなんとなくだけど、用語の変遷で説明できそうに思う。

色々思い出したので書いておく

2つの黄道十二宮

現在、ホロスコープ占星術には、黄道上での位置が異なる2種類の黄道十二宮が存在している。一つは現時点での春分点を白羊宮の0度とする“tropical”な黄道十二宮と、2000年前くらいの春分点を白羊宮の0度とする“sidereal”な黄道十二宮だ。大まかにいうと、

が、それぞれ使用されている。

古代のホロスコープ占星術プトレマイオスの『テトラビブロス』にまとめられたのが、大雑把に言ってAD100年くらいなので、それから2000年くらい経ったことになる。黄道と赤道の交点の1つである春分点は72年に1度くらい移動するので『テトラビブロス』の時代からは27度とか28度移動していることになる。黄道十二宮*1の広がりは星座*2のそれとは違ってそれぞれ30度なので、今の春分点は『テトラビブロス』の時代の魚座でしめされたサインの2度とか3度まで移動したことになる。

“sidereal”な黄道十二宮では現在の春分点ではなく『テトラビブロス』の時代の春分点を白羊宮*3の0度としているので、白羊宮の起点は今でも牡羊座でしめされたサインの起点にあるということになる。問題というか私の癇に障るのが、このことをもって「“sidereal”な黄道十二宮を使うインド占星術の方が、“tropical”な黄道十二宮を使う西洋占星術よりも科学的に正しい」という主張だ。

そもそも黄道十二宮が何故必要とされたかというと、夜空と季節がリンクしていたからだ。特定時刻の夜空を観察することで太陽の位置を推定し季節を知る。農業を始めとして生活にとって重要だ。なので洋の東西を問わず『観象授時』は天文台を維持することが可能な王の大権であり責務だった。

今でも「暑さ寒さも彼岸まで」といって、春分の日辺りから一気に春めいてくる。『テトラビブロス』の時代にはそういう季節の変化を牡羊の突進力になぞらえていたわけだ。時代は下がって春分点は移動した。ならば、

  • 季節とのリンクを維持して、今の春分点を白羊宮の0度とする。
  • 星座とのリンクを維持して、『テトラビブロス』の時代の春分点を白羊宮の0度とする。

の2つのどちらを取るかは術者の趣味、柔らかく言い直すと価値観、の問題でしかない。
科学は関係無い。

それと『テトラビブロス』の時代の春分点を白羊宮の0度とすることが「2000年前の春分点をそのまま使う」と表現されることがあるけれども、非常に誤解を生みやすいので使わない方が良いと思う。字義通り「2000年前の春分点をそのまま使う」となると、2000年前の春分点黄道と交差する赤道、その赤道に垂直な地軸、それが指す天の北極と南極を使って、ハウス分割の計算をすることになってしまうからだ。

この点についてはKN. ラオの下で長年インド占星術を学ばれた清水先生に確認したことがある。インド占星術でも現代の春分点と赤道、天の北極南極を使って天文計算をするとのことだった。
“sidereal”と“tropical”では白羊宮の起点の位置が異なっているだけの違いということになる。インド占星術でも春分点春分点として存在している。なので私の感覚では太陽が“sidereal”な白羊宮に入宮するのを『春分』とよぶのは違和感有り有りだ。

*1:sign

*2:constellation

*3:Sign of Aries

ムック本というにはゴツイ

陰陽道修験道を考える』を読む(その1)

現代思想から臨時増刊号として『総特集◎陰陽道・修験道を考える』が出た*1。ムック本ということだけど、分厚くて最終頁は462頁だ。私は祖父が山伏だったこともあって陰陽道の諸技術の民間普及に修験も大きく関わっていたのではないか思っているので、出版の情報を知った時に発注をかけた*2

陰陽道の研究は村山修一先生の『日本陰陽道史総説』を嚆矢として、それへの批判的研究から『陰陽道』は中国から来たものではなく日本の官僚機構として生まれて展開していったものだということが証明されてきた。しかしそれに対して、

  • 確かに『陰陽道』は日本固有としても、その諸技術の基層となっている陰陽五行論などの『術数』は、それを生み出した中国を中心に東アジア全体に拡散している。日本の『陰陽道』はその中でどのような存在なのか?
  • 陰陽師も修験も僧侶も神官も民間との接点では占いもすれば祈祷もする。では民間宗教者にとって陰陽道とは何だったのか?

といった疑問が出るようになってきた。このムック本はそういう機運の高まりから出版に至ったものだろう。

まだ半分くらいしか読めてないけれども野巫の六壬者としては色々発見がある。その発見の話をしようと思うのだけど、まずは残念な話から始めることになるのが残念だ。

大月隆寛先生がこんなtweetしてた。

このtweetには続きがあって『アカデミアや、アカデミアにアカデミシャンがてんこもりやヽ(゚∀゚)ノ』と来て『ザーコ♡』だ。

これらのtweetがなされた時点では、執筆者と論文タイトルくらいしか判明していなかったはずだが、大月先生は寄稿者がそろいもそろってアカデミシャンとしてザコとでも言いたいのだろうか。少なくとも管見でも梅田先生は柳田國男の頃から問題になっていた陰陽師と差別について広範で綿密な研究をされた方だし、斎藤英喜先生は多くの後進を育てながら陰陽道理解の裾野を広げる活動を続けられているし、高知の『いざなぎ流』のほぼ最深部まで調査を進めることができた研究者だ。

大月先生、そんな方々をザコ呼ばわりされるのは余りに非礼で残念な所作でないですか。陰陽道研究は大月先生の民俗学とも近い分野であって、少しサーベイかければ研究の現状はつかめるでしょうに、そういったサーベイもなしに他分野の研究者をザコ呼ばわりされたのなら非常に残念です*3

残念な話はこれくらいにして、まだ半分も読めてない段階だけど非常に興味深かった話を2つ程。

まず承久の変以降、鎌倉幕府のために関東下向して仕事をしたのは陰陽師だけではなかったというのが1つ。このブログでも触れたことがあった鎌倉幕府の御所移転に当たって、安倍国道ら陰陽師と珍誉法師との間で争論があった。この時、安倍国道は現職の陰陽権助*4だったというのは、このムック本で初めて知った。この争論では珍誉法師が当時最新であった山川道沢の四神相応を根拠にした若宮大路が採用されて安倍国道らの案は退けられた。これに関して、ちょっと面白いtweetをもらった。

なんで宿曜道?と思ったけれども鎌倉幕府に雇われていたのは、陰陽師の他に宿曜僧もいたというのも、このムック本で知った。園城寺興福寺の2つの系統の宿曜僧が鎌倉幕府に雇われていたそうだ。珍誉法師は興福寺出身だったので、もしやと思ったら珍誉法師が宿曜僧なのはよく知られていることだったようだ*5。こんな論文がある。

鎌倉幕府の宿曜師--特に珍誉について

宿曜僧も宿曜だけでなく、術数関係の知識を広範囲に学んでいたことがわかる。

さて発見の第2点、信長横死の一因ともいわれる三島暦だけど、関東下向した陰陽師の1人である賀茂在持が作ったものだそうだ。暦の作成のためには朔望と二十四節季の日時を計算しないといけないので、最低でも太陽と月の位置計算が必要となる。当時の日本には天体観測から計算式を作り上げる能力がなかったので、朝廷の暦道の技術が漏れるか、宿曜僧が持っていた符天暦暦法を使う以外に地方で独自に造暦を行うことはできなかった。

賀茂家の暦道の技術がベースとなって三島暦が生まれ、京暦と食い違いが起こり、信長はそれを採用せよと朝廷に迫った。観象授時は天皇の大権だったのだけど、信長はそれに頓着しなかったわけだ。なお三島暦と京暦の食い違いは、京暦で採用されていた宣明暦が色々吉日が出やすいように小細工するシステムだったために発生した*6

*1:Kindle版もある。

*2:確かamazonでまだ予約できなかったので、実家近くの書店で注文した。

*3:サーベイの上でのザコ呼ばわりなら大月先生の研究者としての資質に疑問が湧く程の残念さですが。

*4:次長代理くらい?

*5:この辺りが野巫の六壬者の知識の限界ということだ。

*6:宣明暦うぜぇ』を参照のこと。

蝕奏

2021-05-26の月蝕の影響を占ってみる

陰陽道研究家の木下琢啓先生が「天文博士は急ぎ蝕奏を出すべし」とtweetしてた。ビビッと来たので六壬でMundane*1の真似事をすることにした。

26日の月蝕は皆既月蝕*2で東京で20時18分42秒くらいに蝕が最大となる。ということで日本全体で戌刻に蝕となるということで良いだろう。得られた天地盤は天将の配置はともかくも、先日の安倍泰茂卿が草薙剣が出て来るかどうか占った時の天地盤と同じになった。それもあってやはり逆間伝(聯茄)になっている。昔風に三伝を書くとこんな感じだ。

占当日甲戌時加戌。勝光臨申為用、将白虎。中、天罡青龍。終、功曹六合。卦遇聯茄
(大意 月蝕となる甲戌日戌刻の占いで、勝光が申に臨んで発用となる。天将は白虎。中伝は天罡に青龍が乗じている。末伝は功曹に六合が乗じる。聯茄卦に遇った。)

私の六壬では西洋占星術との比較研究から地盤をホロスコープ占星術のハウスと見なしている。なので少々異端ではあるけれどもハウスの象から類神を取ることもある。

甲戌日なので支上神はホロスコープでいうと6室の象が社会で問題になっていると読める*3。健康問題ということになるだろう。そして支上神の陰神は地盤申なので、その健康問題は災害ということになる。COVID-19対策に追われる状況をしめしていると考えて良いだろう。

ただ申酉空亡なので支上神は空亡、その陰神は座空ということになる。月蝕の頃にはCOVID-19の蔓延は少し収まっているのではないだろうか。かなりワクチンの接種が進んでいるのかもしれない。

そしてこの課式は他にも他にも泰茂卿が得た課式と似た所があって、干上神の陰神である二課の陰神がそのまま支上神になって、一課から四課まで連鎖している*4。日干甲でその寄宮は寅なので末伝から干上一課が連鎖している。もちろん発用初伝→中伝→末伝は連鎖しているので、この課式は四課三伝全体で連鎖している。吉とみて良いだろう。

日干寄宮の寅宮は、ホロスコープの2室で固有名詞で言うなら財帛宮になる。今の政府を見ていると、考え難いけれども財政出動の可能性はある。末伝が禄徳を兼ねているので、もしあった場合は案外大きいものだろう。それは二課でしめされる家庭環境を助けるものになりそうだ。そして逆間伝なので先細りながらも長く続きそうだ。

なお昔風なオマケを付けるなら、丑宮で天盤徴明(水行)が地盤丑(土行)と天将貴人(土行)の両方から尅される夾剋が発生しているので、丑年生まれの男女と寅年生まれの男性、午年生まれの女性は月蝕が悪い影響を及ぼすかもしれないので用心した方が良いだろう。昔なら物忌みだろうか。

*1:ホロスコープ占星術を使って社会の動きなどを占う。

*2:私の趣味で虫食いの蝕を使っている。

*3:泰茂卿なら『推之』で始めるところだ。

*4:泰茂卿が得た課式では、三課→四課→一課→二課の連鎖になっている。