占いの話じゃないです

“忙しい系”再び

killy killy JOKER 以前の『日々のアニソン』のエントリで、勝手に“忙しい系”に分類したアニソンを2つ程紹介した。先日急遽、ロングドライブすることになって、私と次女で交代で運転した。その時、次女がかけていたアニソンが“忙しい系”で気に入ったので購入…

ジジイの仕事

FSHISO ジジイの重要な仕事に、若い衆から嫌われても必要な昔話をする、というのがある*1。で twitter 社の混乱に絡めて昔話をすることにした。関係者以外は誰も覚えてないと思うけど、パソコン通信で独り勝ちだった NIFTY-Serve のサービスの1つであった FO…

2022年ノーベル物理学賞

量子力学が嫌いだったアインシュタイン アインシュタインはノーベル賞を受賞した光電効果*1の解釈によって、光の持つエネルギーが連続量ではなくて1個1個数えられる離散的なものであることをしめした。この研究はプランクの黒体輻射の研究と合わせて量子力学…

茉莉花茶

安いジャスミン茶の見分け方 この前、法事で一家がそろった時に姪が御土産にジャスミン茶をくれた。 かなり良いやつみたいで、茶葉に茉莉花*1の花冠が入っていない。 実は茉莉花の花冠が入っているのは中級品以下の品質で、茶葉へのジャスミンの香り付けが足…

養壺のまねごとなど

茶渋の効果 茶壺(ちゃふぅ)の下半分くらいが濡れていて上は濡れてないのが分かるだろうか。この茶壺(ちゃふぅ)のセットを女友達*1からもらった時は上下とも水を撥いて濡れなかった。それが使っている間に茶渋が染み付いた所は濡れるようになってきた。こうい…

世界最古の密室殺人事件

そして探偵は御姫様 先日のエントリであげた『天城一の密室犯罪学教程』だけれども、これに収録された『密室作法』の古い版に、世界最古の密室殺人事件の大まかな顛末が載っていたので一度読んでみたいとずっと思っていた。『天城一の密室犯罪学教程』の密室…

精神への身体からの侵襲

オレとワタシの間の距離 今、連載中のマンガに『オレが私になるまで』がある。『突発性性転換症候群』によって心ならずも少年から少女に性転換してしまった小学2年生のアキラが、悩みながら思春期を迎えて更に悩んで成長して行く話だ。アキラは自分が女子に…

作中講義

密室と人体構造 エッセイとか技術解説ではない純然たるフィクションの中で、登場人物の一人が他の登場人物に講義を始めることがある。これは他の登場人物への講義だけではなくて読者への講義になっていたりする。推理小説の世界では『フェル博士の密室講義』…

孤陰不生とはいうけれど

陰陽相済 中医学を始めとして、陰陽は互いに補い合うべきものとされている。「孤陰不生、独陽不長」なんかはそれを端的に述べている。 ところが「孤陰不生」なのは脊椎動物ですら哺乳類だけらしい。孤陰が生んでしまう事例は色々と報告されている。 単為生殖…

だらだらと

昔、私を誹謗するスレが2chに3つ立ってた 借金玉さんが自分への誹謗に対して訴訟でケリをつけることにして「今の段階での和解なら受け入れる。誹謗の投稿者のIPと実名他が紐付いた段階では和解しない。」と宣言している。借金玉さんは、金が出来たこと、顧問…

借金玉さんにベットする

発達障害でも仕事の苦痛とミスを減らすことができるノウハウ集 借金玉(twitter-id:@syakkin_dama)さんが、ネットでの誹謗中傷に対して訴訟という形で筋を通すことにしたそうで、「自分にベットしてくれ」と呼び掛けていたので私も乗ることにした。その一環…

リアルだとできない

マンガだとできるのに 私は確定診断こそないもののASD*1圏内で色々困難なことがある。 気分の切り替えが上手く行かない。 精妙な身体操作が困難*2。 聴力に問題がないのに聞き取りが上手く行かないことがある。 顔を見て名前を呼ばないと顔と名前が一致しな…

十全老人

ちょっと政治の話でも 今日、togetterでこんなコメントした。 乾隆帝ってさ、10回の侵略戦争全てに勝利したと吹き上がって「十全老人」と自称したんだぜ。 https://t.co/xb5ALb9G6E「文化財にでかでかとハンコを押しまくる乾隆帝」https://t.co/l3Rl6LDOc4 …

『鬼滅の刃』と『簠簋内伝』

童磨と道満 『鬼滅の刃』に出て来る重要な役割の鬼について、その名前の由来について幾つか考察がネットにアップされているけれども、結構あからさまな元ネタがあるのに話題になってないものがある*1。例えば十二鬼月上弦の参である『猗窩座(あかざ)』は、こ…

鬼滅人気に乗っかってみる(出だしだけ)

藜の羹 『鬼滅の刃』人気が凄い。連載終了近くからグングン盛り上がって映画公開と共に炸裂した感じだ。映画にも出てくる十二鬼月上弦の参である猗窩座(あかざ)はCVの石田彰が、その戦闘狂の性質を演じ切ったとかで話題になっている。登場人物というか鬼の中…

ワシも昔はちょっとヤンチャしてたことがあってのう

コピープロテクトの思い出 こんなtweetした。 昔、PC版の『オホーツクに消ゆ』で行き詰って、poke使って暗号化BASICリストを出力させてしのいだことがある。後、BLACK ONYXのソースいじくって「イロイッカイヅツ」の回る順番をプリントさせて調べたことも。h…

とはずがたり

底知れぬ暗闇の悪意 tweetがバズったので問わず語りをすることにした。私からの一方的な話になる。まずはバズったtweetとその前の関連するtweetをあげておく。 その昔、NIFTY-Serveでは、運営がクレカ情報握っていたけど、炎上、誹謗、成り済まし、全部発生…

日々のアニソン

neanderthal yabuki (id:Nean)さんのマネ。多分、続かない。 忙しい系 前のエントリで紹介した『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』のOP主題歌が“Mr. Fixer”なんだけど、こういう感じの曲を私は勝手に“忙しい系”と分類している。 Mr. Fixerで、同じく忙し…

合従連衡

中国の戦国時代 古代中国で周王朝の権威が低下し春秋戦国の時代へと移行する。春秋の頃はまだ周の権威が残っていたけれども、大国晋が韓・魏・趙の三国に分裂して戦国時代になると大国は小国を併呑して戦国七雄とよばれる秦・斉・楚・魏・趙・韓・燕と十数の…

御盆の棚経

見様見真似でやってみた 本日14日は、御盆の棚経のある日になっている。私の地元では迎え火は棚経の日の朝に焚くことになっている。朝、行ってきた。今年はたまたま旧七月朔が8月1日だったので、七夕が7日*1で、御盆が15日ということになる。しかも十五夜が…

古田武彦さんの思い出

東日流外三郡誌 『戦後最大の偽書事件「東日流外三郡誌」 (集英社文庫)』を読んだ。書評通り面白く一気に読み通した。『東日流外三郡誌』を“つがる-そと-さんぐん-し”と読むことができる人間は今でも、あるいは今となっては少数派だろうか?私は勿論読むこと…

謎が解けた

パッケージスカム Facebookで以前から謎だったのが、たまに米軍のオネーサンから友達申請が来ることだった。当人のページに行くと確かに軍服姿のちょっと美人なオネーサンの写真が置いてある。どうせ何か『詐欺』の類だろうと考えていたので、そういう申請は…

雁屋哲作品における両親の希薄さ

雁屋哲というと今は『美味しんぼ』なんだけど、私に一番馴染みのあった時代の雁屋哲というと、昔々に書いたように『男組』『野望の王国』『黒の鍵』といった暴力抜きでは語れないような作品が多くを占めていた。私はこういった作品を読みながら、一つ感じた…